札幌市南区にある保守的な聖書主義信仰に立つキリスト教会です

聖書の教え

  • HOME »
  • 聖書の教え

神様は愛です

神様はすべての人をこよなく愛しておられます。あなたも神様に愛されています。十字架上のキリストの死によって、神様の偉大な愛がもっともすばらしく示されています。しかし、なぜ十字架でイエス・キリストが死ななければならなかったのでしょうか?

 

すべての人は罪人です

「彼らは、あらゆる不義と悪とむさぼりと悪意とに満ちた者、ねたみと殺意と争いと欺きと悪だくみとでいっぱいになった者、陰口を言う物、そしる者、神を憎む者、人を人と思わぬ者、高ぶる者、大言壮語する者、悪事をたくらむ者、親に逆らう者、わきまえのない者、約束を破る者、情け知らずの者、慈愛のない者です。」(ローマ1章29~31節)

これは誰について語っているのでしょう。すべての人間のことだと言われても、「自分は違う」「ここまでひどくない」と思われるかもしれません。けれども、自分の行動・言葉・心をよくよく見つめてみると、まったく罪はないと言い切れるでしょうか。聖書はすべての人が罪人だと言います。その原因は、神に対する間違った態度です。

「彼らは神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなりました」(ローマ1章21節)

 

行いによっては救われない

自分が罪深い人間であると気づいた人は、どうにかして罪を償おうとします。親孝行や慈善行為、金銭の施し、修行など、さまざまな行いによって不足分を補おうとします。しかし聖書はこう言います。

「律法を行うことによっては、だれひとり神の前に義と認められない」(ローマ3章20節)

よい行いを積み上げることによって解決されるほど、罪の問題は簡単ではありません。それに、「行いによる救い」は決して満足に至りません。どれだけ良いことをしても、まだ足りないような気持ちになるのです。

 

信仰による救いの道

人間は罪に対して無力です。けれども、神は無力な人間を見捨てず、完全な救いの道を与えてくださいました。それがイエス・キリストです。

「主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、私たちが義と認められるために、よみがえられた」(ローマ4章25節)

キリストが、罪を解決してくださいました。どのようにしてでしょうか。十字架によってです。キリストが、私たちの罪をその身に受け、私たちの身代わりとして十字架で処刑されたのです。

本来、私たちが十字架にかけられるべきところを、イエスが身代わりになってくださったのです。それだけでなく、イエスは死を打ち破って3日目によみがえり、多くの人々の前に40日間現れました。それは、イエスによって罪を赦された人が、永遠のいのちをいただくためでした。

「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである」(ヨハネ3章16節)

聖書の救いは、この十字架と復活という歴史的な出来事に基づいています。ですから、イエスによる救いを信じるならば、誰でも救われます。救いは「すべての信じる人に与えられ、何の差別もない」(ローマ3章22節)のです。このような深く確かな愛は、聖書の神以外に、どこにもないのです。

「私はこう確信しています。死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も、高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません」(ローマ8章38~39節)

 

十字架の福音

「十字架の言葉は、滅びに至る人々には愚かであっても、救いを受ける私たちには、神の力です。それは、こう書いてあるからです。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」(Iコリント1章18節19節)

冒頭の聖書箇所は、使徒パウロが、ギリシャ地方で伝道してできた教会に当てて書いた手紙です。ギリシャは知の巨人を輩出した土壌です。最高の賢者との評を受けたソクラテスは答えました。「自分自身が無知であることを知っている人間は、自分自身が無知であることを知らない人間より賢い。」パウロはこう言います。「知者はどこにいるのですか。学者はどこにいるのですか。この世の議論家はどこにいるのですか。神は、この世の知恵を愚かなものにされたではありませんか。」1章20節)

ソクラテスは知恵者に順位をつけました。パウロは、「神は知者を愚かとされた」と告げました。現代は、いずれを土台にしているのでしょうか。

聖書では、「主を恐れることは、知恵の初め。これを行なう人はみな、良い明察を得る。」(詩篇110篇10節)。創造主を崇め、同時に自分を神の前に低くすることからすべての知恵は始まります。もし、それができるならば、神の創造作品である世界を通して、創造主である神を知ることができるはずです。

学者の知恵の言葉に対し、パウロは自らが語る神の知恵のことを「十字架のことば」と表現しました。「わたしは知恵ある者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしくする。」(1章19節)

パウロの語る福音とは、神の御子キリストが、十字架で死に、三日目に復活した事です。それは、本当の出来事であり、それを信じる者は誰でも救われるのです。

自分の罪を知り、神に救いを願う者に、キリストは神の知恵なのです。キリストの十字架は、私のために身代わりです。キリストのよみがえりは私の罪の赦しの保障です。

神の知恵は、人には思い浮かぶはずもない行為となって現れました。キリストによる救いは、人間の知恵の探求ではありません。信仰は、神の大いなる御業の上に土台を置いているのです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 011-831-7968

2020年 教会行事カレンダー

1月
1日(水)礼拝
5日(日)新年礼拝
8日(水)13:30~聖書とお茶の会
12日(日)中学クラス
2月

5日(水)1:30~聖書とお茶の会
15日(土)子ども会「チョコッとパーティー」
16日(日)中学クラス

3月

4日(水)1:30~聖書とお茶の会(中止)15日(日)中学クラス(中止)
29日(日)午後ホームデー

4月

1日(水)1:30~聖書とお茶の会(中止)
12日(日)「イースター記念礼拝」
25日(土)13:30~子ども会「ハッピーイースター(中止)

5月

6日(水)(休止)聖書とお茶の会
10日(日) 親の日礼拝(オンライン配信)

6月

3日(水)(中止)1:30~聖書とお茶の会
14日(日)(中止)春の特別集会

7月

1日(水)1:30~聖書とお茶の会
18日(土)(中止)1:30~夏の子ども会「サマーフェスティバル」

8月

5日(水)13:30~聖書とお茶の会

9月

2日(水)13:30~聖書とお茶の会
19日(土)13:30~秋の子ども会「オータムフェスタ」
22日(祝)秋の交わり会(ランチ&カフェ)

10月

7日(水)13:30~聖書とお茶の会
25日(日)秋の特別集会

11月

4日(水)13:30~聖書とお茶の会

12月

2日(水)13:30~クリスマス午後集会
12日(土)13:30~冬の子ども会「ジョイフルクリスマス」
20日(日)13:30~クリスマス礼拝・(ランチ祝会)・14:30~燭火礼拝
24日(木)クリスマスイブ礼拝19:00~
27日(日)年末感謝礼拝

PAGETOP
Copyright © 札幌聖書バプテスト教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.